*

盗聴を防止する

盗聴を防止するために必要なことって何ですか?

盗聴の被害というのは、年間で数万件あると言われています。しかも、それは「盗聴器が見つかった件数」であり、見つかっていない盗聴器の数は倍以上あると言われているのです。

 

「自分の家には盗聴器なんて仕掛けらているはずがない」

「盗聴されたとしても、そんな重要なこと(情報)を話したりしない」

「盗聴なんて気にしたこともない」

 

と思っいる人もいますが、これは結構危険な認識です。

 

盗聴器は気がつかないうちに取り付けられているので、気がつかないだけで、もうすでに取り付けられているかもしれないのです。

盗聴防止をするためには

 

この盗聴による被害を無くすために、日頃から盗聴の防止対策を取っておく必要があります。

防止対策と聞いて、何か特別なことをしなくてはならないのか?と思った人もいるでしょう。

確かに、盗聴器を見つけるとなると、発見業者に依頼して、機材を使っての調査が必要になりますが、自分で盗聴の防止をする場合、自宅の防犯対策だと考えるといいでしょう。

 

家の戸締りをしっかりして、家の周囲に死角となる場所を作らないなど、空き巣の標的にならないようにしたりするのも、立派な盗聴防止対策の一つです。

 

防犯対策をとるのであれば、盗聴に対する防止策も一緒にしてはいかがでしょうか。